style-R

日記

岩手の家庭の整理収納片付け
職場の環境改善なら
県内初の整理収納コンサルティングstyle-Rへ
盛岡・北上を中心に東北各地で活動中
2021-11-06 12:00:00

食品ロス削減につながる管理のヒント

 

食品ロスとは

「食品ロス」という言葉

今はだいぶ浸透してきたように思います。

食品ロスとは、まだ食べられるのに

廃棄される食品のことです。

 

日本の食品ロスの量は年間600万トンと推計されていますが(※1)

そのうち46%は家庭から発生しています。

食品ロスの半数近くは家庭で起こっているということです。

 

食品ロス削減推進法に基づき

10月は「食品ロス削減月間」

1030日は「食品ロス削減の日」となっていました。

 

今回は家庭での食品ロスを減らすために

すぐできるヒントをお伝えします♪

 7e7add8b652daf478569fae292ae493b_s.jpg

 

そもそも大前提として

食品ロス削減に何よりも欠かせないことは

「食べきるという意識」です。

 

食べ物は食べるためにあります。

私も余ったら捨てればいいという考えを

まず捨てました。

その上で、食べきるためのコツを3つお伝えします。

 

1、買いすぎない

スーパーでは「新商品」に興味がわきます。

「広告の品」「大容量サイズ」はお得だから

買いたくなります。

 

さらに仕事家事子育て介護に忙しいと、

「あったら便利かも」「そのうち使うかも」

「とりあえず買い」が増えがちです。

 

でもその結果、ストックが増え、

あることを忘れてまた買ってきてしまう。

以前買ったのが賞味期限切れ…ということも。

 

そうなったら、明らかに

管理できるキャパを超えています。

買いすぎということです。

 

買いすぎを防ぐためにできることは

 

①買い物前に家の食品在庫チェック。

②家にある食品を優先して使う献立を考える。

③スーパーで商品を手に取ったら「今日本当に買わなければならないものか」を考える。

「これを買ったら全て食べきらなければいけない」という意識から買うか否かを考える。

 

特に④「全て食べきれるか」

という目線を持つことで

買うか否かきちんと判断できるようになりました。

 

安易に、なんとなく、とりあえず買わない。

私もこれらの買い方を今も毎回意識しています。

 

「野菜は少し割高でも1/4カットを買おう」

「お肉は1回で使い切れる量だけ買おう」

「家で作れそうだからこの調味料は買わなくていい」

「この量は使い切れないから小さいサイズを買おう」

 

など、本当に必要な食品の種類と量を

選択できるようになりました。

 

買う数と量が減れば管理しやすくなります。

結果食べきりやすくなり、食品ロス削減につながりました。

 

2、適切な管理

 「とりあえず冷凍すれば安心」

と思っていませんか?

 

肉や魚、野菜も生の状態での冷凍は、

2週間~1ヶ月程度での使い切りが

美味しく食べられる期間といわれています。

冷凍しても安心せず早く使い切りましょう。

 

私はとりあえず冷凍していくとどんどん増えて

気づけば霜がついて何を冷凍したのか、

いつ冷凍した物なのかもわからなくなり、

結果廃棄につながりやすくなりました。

 

使い切れないときは冷凍する量、冷凍する頻度、

そもそも冷凍しなければならないのか、

も考えてみましょう。

 

ちなみに私は冷凍すること自体を面倒に感じるうえ、

冷凍したら解凍するのも面倒に感じ、

結果永遠に出番が来なくて使い切れないタイプ。

 

もはや全く冷凍管理には向いていないとわかり()

定期的に買い物に行ける状況を鑑み、

今は生鮮食品を自分で冷凍することをやめています。

できない管理は無理にしないというのも方法の1つということです。

 

3、コーナー分け収納

写真7-1.jpg

 

100円ショップのかごなどを使い

・乾物コーナー・缶詰コーナー

・乾麺コーナー・インスタント食品コーナー

などコーナー分けを明確にすると

何がどこにいくつあるのかわかりやすく

重複買いも防げます。

 

冷蔵庫も含め扉付きスペース内であれば

透明ケースの方が見えやすくおすすめですよ♪

 

 

人によってご家庭によって

適した管理方法は違いますが、

いずれにしても食品ロス削減には

「食べきるという意識」が土台です。

 

食品ロス削減はSDGs (持続可能な開発目標)でも

ターゲット項目として明記されています。

食品ロス削減は喫緊の課題ということです。

 

できるところから食品ロス削減を一緒に目指していきましょう!

 

※1農林水産省・環境省の「平成30年度推計」

2021-10-29 17:00:00

家事子育てと仕事の両立に整理収納は必須

 

10月に入り、岩手県内でのコロナ感染状況も

だいぶ収まってきました。

 

11月は会場開催の講座も予定されています。

その1つが宮古市での講座です。

 

宮古公共職業安定所・宮古市 主催

育児と仕事の両立を希望する方のための再就職準備セミナー

 

第1回「育児&仕事 両立のための整理収納術」

を担当します。

e7531d9cedbdc6b8b32cc2425bcc14fa_s.jpg

 

家事子育てと仕事の両立には

時間の使い方も大事になります。

時間は有限。であればしなくてもよいコトや

無駄な時間を少しでも減らしていければ

両立の実現や自分時間の創出にもつながります。

 

そのためにはまずご自身にとって

・探し物のない

・必要な物がすぐに取り出せる

・使いやすい 

環境が必須です。

 

さらには

「お母さんあれどこ?」「お母さんあれ取って」

というご家族のお声や

 

「片付けなさい」と毎日毎日お伝えしたり

散らかった物を見るたびにイライラしたり…

 

ということは全力で減らしていきたいですよね(笑)

 

そのためにはご家族も

・どこに何があるかがわかる

・取り出しやすい

・自分で片付けられる

そんな環境づくりも必要です。

 

ご家族にとっても、使いやすい環境になれば

家事も一緒に行いやすくなったりと

家事分担にもつながります。

お近くの方はぜひお気軽にご参加ください♪

 

令和3年度 宮古公共職業安定所・宮古市合同企画

育児と仕事の両立を希望する方のための

再就職準備セミナー

 

第1回 育児&仕事 両立のための整理収納術

【日時】11月12日(金曜日)10時~12時

【会場】市民交流センター 2階多目的ホール 

    宮古市宮町一丁目 1 番 30 号

【対象】育児と仕事の両立を希望する求職者

【定員】15名

【参加費】 無料

【主催】 宮古公共職業安定所・宮古市

 

【お申込み・お問い合わせ】

宮古公共職業安定所 ハローワーク宮古 

マザーズコーナー 電話 0193‐63‐8609

詳細はこちら

 

3721912_s.jpg

整理収納アドバイザー2級認定講座12/5(日)盛岡

整理収納アドバイザー2級認定講座オンライン

整理収納教育士認定講座11/7(日)盛岡

整理収納サポート

整理収納サポートオンライン

 

 

2021-10-17 12:00:00

子どもが自分で片付けられるようになるために必要なこと

子どもが自分で片付けられるようなるために必要なこと

全国で1%の整理収納アカデミアマスター取得

岩手県の整理収納アドバイザー金田玲子です。

 

お子さんが片付けてくれない

というお悩みはよく伺います。

 

「片付けなさい!」と何度言っても片付けない。

 

おもちゃが出しっぱなし

足の踏み場がない

机の上が物置になっている などなど…

毎日目にするからこそ気になりますよね。

 

でも子どもが自分で

片付けられるようになってほしいなら

 

まずは周りの大人が整理収納スキルを身に付けること

が大前提です。

 

そう、これを読んでくださっている

大人の皆さんです。

 

そもそもご自身は片付けできていますか?

 

「いや、私もそんなに得意ではないけれど

子どもがとにかく散らかして…」

というお言葉もよく伺います。

 

でもだからこそ特に片付けに関しては

自分のことを棚に上げてはダメです(笑)

 

大人が整理収納スキルを身につけるからこそ

 

・子どもが片付けやすい環境を作る

・子どもにもできる片付けの方法を伝える

・子どもが片付けたくなるアプローチをしていく

 

ということが可能になり、その結果

「子どもが自分で片付けられる力」を

身に付けられるようになるからです。

 

子どもが勝手に片付けられるようにはならない

ということです。

 

その整理収納スキルから

子どもが片付けられる方法までを学べるのが

整理収納教育士認定講座 です。

 

この講座では

整理収納の基本理論や鉄則、手順を知り

ご自身もスキルアップ!

 

さらに子どもへの声掛けや

関わり方の具体的方法

 

子どもが自分で片付けられる

環境づくりのポイント

 

家庭と教育現場での

整理収納実例や演習も満載。

 

9歳程度までのお子さんが

自分で片付けられるようになる

土台となる講座です。

 

元幼稚園教諭だった金田だからこそ

お伝えできることも満載!

 

毎回受講生の皆さんからは

「もっと早く受ければよかったー!!」

というお声多数です。

 

すぐに活かせる内容ですので

今受ければ新年度までに

親子で一緒に環境を整えることもできますね。

 

子どもが自分で片付けられる環境ができれば

家族みんなさらに楽しく過ごせますよ♪

 

次回は11/7(日)10:15~17:15

JEUGIAカルチャーセンターイオンモール盛岡南

にて開催します!

お申し込み締切は 11/5(金)

 

詳細は style-RのHP

お申し込みは JEUGIAカルチャーセンターイオンモール盛岡南です。

 

一緒に楽しく学びましょう(^^)

 

 

〇整理収納の基礎から応用実例までを1日で学べる!

【整理収納アドバイザー2級認定講座】2021年12/5(日)盛岡

 

〇整理収納アドバイザー2級認定講座オンライン10/26(火)-/27(水) 11/4(木)-/5(金)9:00-12:00

 

〇元幼稚園教諭がお伝えする「子どもが自分で片付けられる環境づくり」 

【整理収納教育士認定講座】2021年11/7(日)

 

〇家族が片付けてくれない…実家のモノどうすればいいの…?を解決する!

「家族・実家の整理入門」講座 2021年11月2日(火)

 

〇ご自宅にお伺いしての 整理収納サポートサービス 

 

2021-10-10 12:00:00

備蓄は何がいくつ必要?

全国で1%の整理収納アカデミアマスター取得

岩手県の整理収納アドバイザー金田玲子です。

 

今週は全国各地で地震が続きましたね。

私の住む岩手でも、夜中に少し大きめに揺れました。

 

こうなるとテレビでも一斉に言われるのが備蓄です。

22435633_s.jpg

 

でも何をどれくらい備えればいいのか

難しいこともありますね。

 

必要なアイテムや数は

家族構成によっても変わります。

 

その目安が簡単にわかるのが

東京都総務局の「東京備蓄ナビ」です。

 

3つの質問に答えるだけで

自分の家にあった備蓄品目と必要量の

リストが表示されます。

 

具体的にアイテムと数値が出るので

現状に対する過不足の目安になります。

 

次お買い物に行くときに

「あ、あれ足りなかったから買っておこう」

と1歩行動につながりやすいですね。

 

特に食品はいわゆる

ローリングストックが推奨されています。

 

普段も食べながら補充しストックする

という考え方です。

 

非常時こそ、普段食べ慣れている物を

少し口にできるだけで

どれだけ安心感につながったか。

私も震災時に実感しました。

 

つまり乾パンを山のように買えばいい

ということではないということです。

 

私も、お水、缶詰や乾麺はもちろん

お菓子もストックの1つとして

意識的に買っています。

 

震災時、お菓子も空腹を紛らわせたり

気持ちの安定につながったからです。

 

おせんべいやクッキー、チョコ

絶対切らしません。

 

この切らさない意識は

日々の消費サイクルが

かなり早いということでもあり

別の意味で問題かもしれませんが(笑)

 

日々のおやつとして美味しいし

きちんとストックにもなるからまあいいか。

と思っています。

 

食品ストックや収納方法については

農林水産省の「災害時に備えた食品ストックガイド」

で、写真付きで比較的わかりやすく

提示もされています。

 

最近の地震は、備えへの再確認の機会ととらえ

一緒に見直していきましょう!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

整理収納アドバイザー2級認定講座オンライン

2021年10/13(水)-/14(木)9:00-12:00【満席】

10/26(火)-/27(水)9:00-12:00 

11/4(木)-/5(金)9:00-12:00

 

整理収納の基礎から応用実例までを1日で学べる!

【整理収納アドバイザー2級認定講座】

2021年12/5(日)盛岡

 

元幼稚園教諭がお伝えする

「子どもが自分で片付けられる環境づくり」 

【整理収納教育士認定講座】 2021年11/7(日)

 

家族が片付けてくれない…実家のモノどうすればいいの…?を解決する!

「家族・実家の整理入門」講座 オンライン 

2021年11/2(火)9:00-12:00

 

ご自宅にお伺いしての 整理収納サポートサービス 

スマホでオンラインサポート 整理収納オンラインサポートサービス

2021-09-25 17:00:00

整理収納を楽しく取り組むヒント♪

全国で1%の整理収納アカデミアマスター取得

岩手県の整理収納アドバイザー金田玲子です。

 

岩手県内も一時期に比べると

新型コロナウイルスの感染拡大は

やや収まってきたようにみえます。

 

拡大していたここ2ヶ月ほどは

会場での講座開催は軒並み延期や中止になって

会場にお伺いできず残念な限りでしたが

 

これは仕方のないこと。

なのでできることを全力でやろう!

 

ということで

オンラインでの整理収納アドバイザー2級認定講座

などはいつも以上に全力投球で(笑)

開催しています。

 

受講してくださった方から

「楽しかった」「これから楽しく取り組めそうです!」

というご感想を頂くことも多いのですが

とても嬉しいです。

 

だって片付けとか整理収納を

苦行の如くやっても楽しくないし

続かないから。

 

「片付けなきゃ」と毎日片付けに追われ

でもできなくてイライラして

やっても元に戻ってさらにため息。

 

私はそんな暮らしを何十年としていましたが

そんな感情でいくら片付けしても

全然楽しくない。どんどん先延ばしになります。

 

どうせやるなら

楽しくやったほうがいいですよね。

 

楽しくなる方法の1つは

「捉え方を変えてみる」ということ。

 

例えば、物がたくさんある状況で

 

「なんでこんなに物があるわけ?(怒)」

「大変だな。いつかやらなきゃ」

「絶対終わらないよね」

「片付けるの面倒だな」

「あーやるのやだなぁ」

 

とマイナスに捉えると全く面白くない。

面白くないことはやりたいと思えません。

 

でも、物がたくさんある状況を見て

「いや、物ありすぎでしょ(笑)

ここまで溜めた私すごいな(笑)

これはやったほうがいいでしょ(笑)」

 

くらいで自分で自分に

ツッコミを入れる感じで?

 

捉えるだけでもちょっと気分が変わります。

 

自分の感情や機嫌って

自分の物事の見方捉え方で

いくらでも変えられます。

 

楽しくないつまんないと思ったらそうなるし

なんかこれ面白いウケる、と捉えたら

楽しくなるということです。

 

どうせやるなら楽しく始めましょう♪

a85208a7299179b119589695dacfe25e_s.jpg

 

でも整理収納の方法がわからない!方は

楽しくしっかり学べる講座受講がおすすめです。

 

【整理収納アドバイザー2級認定講座オンライン】

9/30(木)-10/1(金)9:00-12:00【満席】

10/5(火)-/6(水)9:00-12:00

10/13(水)-/14(木)9:00-12:00

 

10月は会場開催も予定しています。

【整理収納アドバイザー2級認定講座】

【日時】2021年 10月3日(日)10:15~17:45

【会場】JEUGIAカルチャーセンターイオンモール盛岡南

 

【お料理が楽しくなるキッチンの整理収納】

 ~楽々・時短・効率UP~

【日時】2021年10月28日(木)

【会場】NHKカルチャー北上教室

 

まずは一緒に楽しく学んでいただけたら

嬉しいです♪

ご参加お待ちしております(^^♪

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1 2 3